プログラミング独学がうまくいかない方へ

プログラミング
この記事は約8分で読めます。

みなさんこんにちは!

イザナギです。

さて、みなさんはいかがお過ごしですか?

私は最近は家にいることが多いので、プログ書いたりプログラミングしたりして、まったり過ごしてます。

今世間はコロナで大変ですが、みなさんがんばって乗り切りましょう!

さて、今回は私の経験談を語っていきたいと思います。

私は、現在研究や個人開発などでプログラミングを利用しています。

独学や友人などに聞きながら、がんばって学習しています。

しかし、はじめはモチベーションを保てずにいました。

みなさんの中にも経験がある方もいるのでは無いでしょうか?

このツイートにもあるように、どうやら大半の人がプログラミングの独学を挫折すると言われているみたいです。

そしてその原因はいろいろあると思いますが、例えば

プログラミングスクールの「フロントハックス」などで有名な迫祐樹さんはこのようにツイートしてました。

 

確かに!

 

とこのツイートみた時に共感しました。

私もプログラミング初心者の時は、そのプログラミング言語の全てを把握しようと考えていました。

ですが、実際様々なプログラミング経験を積んでいくうちに実際は「そうじゃ無い」ということに気が付きました。

ざっくりとアルゴリズムや言語のルールを知った上で、検索やドキュメントを見て、何かを作ってみるということが大切であると気づきました。

実際、Ruby on RailsでWebサイトを制作して動くものが出来上がった瞬間に

 

あっ!プログラミング楽しいな!

 

と感じるようになりました。

それからは、Pythonによる研究やNuxt.jsを用いたWebサイト制作・iOSアプリケーションの作成など様々なプログラミングを行ってきました。

ですが、

実際に作るまでの工程が大変なんだよ!

気力が続かない…

などの意見もあると思います。

その気持ち、正直わかります。

私もはじめはそんな感じでした。

ですので、今回は私がどのようにしてプログラミング学習を継続できるようになるまでに試したことを記事にしてみたいと思います。

長くなりましたが、ここからが本編です!

好きなプログラミング言語を決めてみる!

まずは「好きなプログラミング言語を決める」ということをしてみました。

なぜそのようにしたのかというと、プログラミング言語を好きになればプログラミング自体も好きになると思ったためです。

私は、Rubyを選びました。

単に日本人が生み出した言語であり、Ruby on Ralsを使えば様々なWebサイトを作れると記事を読んで、面白いと感じたためです。

さらに、他の言語に比べ書きやすいという記事も拝見しました。

実際に使ってみると、他の言語より書きやすく、コードを書くのが比較的に楽になったと感じました。

しかし、コードを書くのが楽になっただけで、それだけではモチベーションが上がりませんでした。

無料サービスを使ってみる

Progateやドットインストールなど、現在は無料でプログラミング学習ができるサイトが多くあります。

私が初心者の時もProgateやドットインストールなどを用いて学習していました。

はじめは

 

無料だからそんな学習できないでしょ!

 

と思っていました。

しかし!侮っていました。

初心者に大切なアルゴリズムやノウハウなどを学ぶことができ、プログラミング初心者は是非サイトを訪問してほしいです!

Progate(プロゲート) | Learn to code, learn to be creative.
Progateはオンラインでプログラミングを学べるサービスです。プログラミングを学んでWEBアプリケーションを作ろう。
ドットインストール
HTML, CSS, JavaScript, PHP, Rubyをはじめ、iPhoneやAndroidアプリの作り方も学べます。豊富な3分動画を見ることで、はじめての人でも無理なくスキルを身につけていくことができるプログラミング学習サービスです。

無料のプログラミング学習サイトを使うことで、モチベーションを上げることに成功しました!

一時的にモチベーションを上げることには成功しましたが、

そのモチベーションを保つことができませんでした。

ですので、

 

いっそ雑でもいいから制作物を作ってみよう!

 

と思い始めました。

制作物を作ってみる

実際にWebサイトを作ってみようと思い、取り組んで見ました。

簡単な実装はできたのですが、少し複雑になると詰まってしまい、またモチベーションが落ちてしまいました。

どうしよっかな?

有料のオンラインスクールに通ってみる

金払えばさらにやる気でんだろ!

 

そう思い、プログラミングスクールに通ってみることにしました。

いろいろとプログラミングスクールを探してみましたが、Tech Boostや侍エンジニア塾などいろんなサイトがありましたので、どのサイトにしたらいいのか結構悩みました。

SAMURAI ENGINEER - 人生を変える超実践型プログラミングスクール
SAMURAI ENGINEER(侍エンジニア)は、無料から始められる超実践型のプログラミング学習スクールです。あなただけの学習プランを提案できます。専属の現役エンジニアとマンツーマンでレッスンを進めることで挫折せずにエンジニアに。

散々悩みましたが、私はTECH ACADEMYさんを選ぶことにしました。

なぜ、TECH ACADEMYさんを選んだ決め手としましては、以下の通りです。

  • コスパがいいと思った
  • 評判が比較的にいいと感じた
  • 受講後でも教材を見放題!
  • 講師の方が現場のプロであること

他のプログラミングスクールでも上記が当てはまるものもあると思いますが、

私が拝見した記事・ブログのなかでは評価が高かったので、受講してみることにしました。

実際にTECH ACADEMY通ってみて

ここからは個人的な感想になりますが、

私はオンラインスクールに通えてよかったなと感じました。

独学だけでは得られない知識や解決できない問題点などをメンターの方がプロの視点で教えてくれるので、プログラミング学習が捗りました。

さらに、教材は受講期間が終わった後でも閲覧することができるので、

また確認したくなったら見返すことができます。

そして、TECH ACADEMYさんを卒業するためには、制作物を作る必要がありました。

何か目標や目的があると作業が捗るなとそこで感じました。

今まで、特に大きな目標もなく学習してきましたが、

目的ができるとさらにプログラミング学習が捗ると感じます。

そして、制作物を作り終えた後、

 

俺でもWebサイト作れるんだ!頑張ろ!

 

と頑張れるようになり、現在では、Pythonによる分析やiOSアプリケーションの制作など

様々な開発をしていますが、それが楽しく感じられるようになりました。

TECH ACADEMYについて

ここからは、私の通っていたTECH ACADEMYについて簡単に紹介していきたいと思います。

TECH ACADEMYさんでは、様々なコースを体験することができます。

自分に合ったコースを選べるわけですね!

例えば、Webアプリケーションを学びたかったら「Webアプリケーションコース(Ruby on Rails)」「PHP/Laravelコース」など

デザインについて学びたかったら、「Webデザインコース」「UI/UXデザインコース

様々なコースが存在します。

さらに、まとめてコースを受けると「セット割り」を適用することができ、通常よりお得にコースを受講できます。

でも、有料のスクールですから金額もそれなりにかかります。

社会人は149,000円〜 学生でも129,000円〜(4/18現在、Webアプリケーションコースの場合)

他のオンラインスクールに比べると比較的安く感じますが、

パッと出すにはちょっと高いですよね。

それでもちょっと気になると思っているそこのあなた!

そんなあなたに、おすすめのコースがあります。

それは「無料体験」です!

無料体験コースでは、HTML・CSS・JavaScriptについてやWebサイトの仕組みについて学習することができます。

さらに、メンターの無料サポートもついているので、実際にTECH ACADEMYさんのコースの受講を擬似体験できます。

なので、TECH ACADEMYさんの雰囲気やメンターサポートについて詳しく知りたい方は無料体験から入ってみてもいいかもしれませんね。

私も、無料体験を受講したのちにWebアプリケーションコースを受講しました。

なので、

独学してて、ちょっと飽きてきた方

もっとプログラミングについて学びたいと感じている方

是非、無料体験を受けてみてください!

そこで、独学でもいいか、オンラインスクールを受けるか考えてもいいと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は私の経験談でプログラミング学習を継続する方法を記事にしてみました。

私はこんな感じでしたが、同じような悩みを持っている方は慈悲参考にしてみてください!

また、その他の方も何か参考になることがあれば幸いです。

また、TECH ACADEMYさんでは様々なコースがありますので、自分にあったものを探せると思います。

気になる方はリンクから飛んで見てください!

それでは、今回はここで筆を置かせていただきます!

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました