Node.jsパッケージを一気に最新版に更新する方法をご紹介

JavaScript
この記事は約2分で読めます。

みなさんこんにちは!

イザナギです!

さて今回は、技術メモをしていきたいと思います。

ちなみにみなさんは、Node.jsパッケージをどのように管理してますか?

一般的なやり方だと以下の通りだと思います。

npm update 'パッケージ名' 'バージョン'

ですが、この方法だと一括で更新したい時とかめんどくさいですよね。

そんな時に便利なのが、「npm-check-updates」というツールです。これを使えば一気にNode.jsのパッケージを更新してくれます。

npm-check-updatesとは

GitHub - raineorshine/npm-check-updates: Find newer versions of package dependencies than what your package.json allows
Find newer versions of package dependencies than what your package.json allows - GitHub - raineorshine/npm-check-updates: Find newer versions of package depende...

「npm-check-updates」とは、「package.json」の依存関係を最新にしてくれるツールです。

つまり、一括で全てのパッケージを最新にすることができます!

インストール方法

グローバル環境にインストールすると便利なので、グローバル環境にインストールします。

npm install -g npm-check-updates

更新の仕方

ここからは、最新パッケージの更新の仕方です。

インストールしたら、開発しているフォルダで以下のコマンドを実行します。

ncu

そうすると以下のようなものが出てくると思います。

左から、「インストール済みのパッケージ名」「現バージョン」「最新バージョン」と表示されていますね!

最新バージョンがある場合は、その変更されている数字の部分に色がつきます。

そして以下のコマンドを実行し、「package.json」に最新バージョンを記載します。

ncu -u

記載した後は、パッケージをインストールすれば終わりです!

npm install

簡単ですね!

特定のパッケージを除外する

今回は全て変更しましたが、なんと!特定のパッケージを除外することもできるのです!

以下のように記載すれば、特定のパッケージを除外しつつ、他のパッケージを最新にできます。

ncu -u -x 'パッケージ名'

まとめ

今回はNode.jsパッケージを一括で最新バージョンにする方法を紹介してきました。

コマンドが少なくないので、ものすごく使いやすいですね!

また、何かありましたら技術メモにしていきたいと思います。

それでは今回はここで筆を置かせていただきます!

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました