【Chromeアプリ】が終了!?なぜこのようなことになったのか?

Goolge
この記事は約3分で読めます。

みなさんこんにちは!

イザナギです。

みなさん、ついに「Chromeアプリ」が全てのOSで終了してしまうことになってしまいました!

最近、TwitterなどのSNSで結構話題になってましたね。

でも、みなさん勘違いしてませんか?

Chromeブラウザ」「拡張機能」もなくなると思っていませんか?

初めに言っておくと、ブラウザ・拡張機能の方は無くなりません!

今回無くなるのは、ブラウザ経由で使用していたChromeのアプリケーションです。

「なんだ!問題ないやん!」って思ったのは、私だけじゃないはずwww

ですが、なぜGoogleさんは「Googleアプリ」を終了させたのでしょうか?

今回はそれらについて調べていきたいと思います!

実は2016年くらいから終了すると言われていた!

実は2016年くらいから終了すると言われていました。

終了すると言われたのが、ChromeOS以外のOS(MacOS・ Windowsなど)におけるChromeアプリです。

その時点では、ChromeOSでの終了は発表されていませんでした。

2020年になり、GoogleOSも終了と発表!

つい先日ですね。

2022年6月に全てのOSでChromeアプリが終了させるが発表されました。

これを聞いた瞬間「えっ!ChromeOSでも終了すんの!」って思ってしまいましたwww

しかし、なぜ全てのOSで終了することになったのでしょうか?

なぜ、Chromeアプリケーションが無くなるのか?

どうやら、GoogleさんはChromeを簡素化したいらしいです。

そしてなんと、Chromeアプリの利用率は約1%

なるほど、それは廃止するよな。

さらに、名前の通りChromeアプリはChromeでしか動かせません。

他のブラウザでは動作しないんですよね。

それも解消するため、PWA(Progressive Web Apps)という技術を利用し、どのブラウザにも対応させるらしいです。

ちなみにPWAって何?

「PWA」というのは

モバイルサイトがネイティブアプリのような動きを提供するオープンウェブ標準技術を利用したアプリケーション」です。

つまり、Webサイトがモバイルアプリ(IOS・Androidアプリ)みたいに動くということです。

TwitterやSUUMOなどで使われています。

PWAにすることにより、

  • 「オフラインでのサイト閲覧が可能」
  • 「インス撮るの必要がない」
  • 「OSに縛られない」

などなど多くのメリットがあります。

まとめ

今回は先日発表された、Chromeアプリの終了について調べてきました。

拡張機能は終了しませんし、PWA化するらしいのでそれほど困ったことにはならないと思います。

でも、Chromeアプリが2022年6月には終了してしまうので、メインで使っていた人は注意が必要ですね。

それでは、今回はここで筆を置かせていただきます。

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました