AppleWatchを使い続けて感じたこと

IT
この記事は約5分で読めます。

みなさんこんにちは!

イザナギです。

最近は調子が出なくて、なかなかブログに手をつけられていません…

ですが、書く頻度が少なくなってきても少しずつ書いていけば結果につながると思い今回も記事を書いていこうと思います。

気合入れてくぜ!

閑話休題

突然ですが、みなさんは普段腕時計を身につけていますか?

時間を確認するだけなら「スマホでいいじゃん!」って思っている人も中にはいますよね。

それに腕時計って言っても種類はたくさんあります。

「ロレックス」「オメガ」などの高級ブランド腕時計からホームセンターなどで買える安い腕時計まで様々…

私も一年くらい前は悩んでいました。

「資産的価値になる高級時計がいいか?」「時間を見るだけの安物の時計がいいか?」

しかし、そう思った直後にとある発表がありました。

その発表とは「AppleWatch series4」でした!

その当時は「ウェアラブルウォッチって使い勝手いいの?」って不安になっていました。

しかし、いざ買ってみると…

めっちゃ便利じゃん!

いい買い物したな〜と思いました。

まあその分、大学生からしたら大金が飛んで行ったのですがwww

でも、その大金に見合う働きはしていると感じました。

なので今回は、「約一年間AppleWacthを使い使い続けて感じたこと」と題しまして

「AppleWatch」を一年間使い続けて思ったことを今回は記事にしていきたいと思います!

メリット

まずはメリットから

画面をカスタマイズできる!

なんと!AppleWatchは画面をカスタマイズできるのです!

こんなふうにできます。

私は普段、バッテリー残量・時間・日付を表示しています。

その他にも、日の出・株価・心拍数などを表示することができるのでお好みな時計に改造できるのです。

さらに、背景写真は変えることができ、以下のような感じにもできます。

今まで、iPhoneで使っていたApplePay(Suicaなど)をAppleWatchで使用可能!

今話題のキャッシュレスですが、iPhoneではApplePayというものもありますよね。

ApplePayはSuicaやクレジットカードなどを登録することができます。

その登録したSuicaをAppleWatchで使えるようになります!

*しかし、AppleWatchにSuicaを入れるとiPhoneでは使えなくなるので注意を!

AppleWatchにSuicaを登録したらものすごく便利ですよ。

なぜなら、改札に乗る時AppleWatchでタッチすれば改札潜れるのですから!

今まで、スマホかざしたりSuicaのカードかざしたり切符入れたりしていたのを腕(AppleWatch)をかざすだけで改札潜れるようになるわけですからwww

いちいち、iPhoneを取り出さなくて決済ができるのは便利ですよね。

日々の生活をちょっと健康的に!

「最近健康状態が悪いな」「最近走るのハマってる!」など健康面や運動などを日々気にしている方々もいますよね。

そんなあなた!AppleWatchはそんな健康面・運動面も助けてくれますよ!

例えば、iPhoneにも備わっている「ヘルスケア」というアプリケーションでは、様々なバイタルデータなどが取れます。

歩数や歩行距離をセンサーなどではかる「アクテビティ」、睡眠に関することを測れる「睡眠」などはiPhoneだけでもはかれます。

そんな「ヘルスケア」ですが、なんと!AppleWatchでグレードアップするんです!

心拍数や心拍変動数なども取れるようになるんです!

心拍数などを測れるようになれば、ストレスがかかっているかもわかるようになりますからとても便利です。

iPhoneの方で設定すれば、心拍数が高くなった時に警告を出すということもできます。

最近健康について気になっている方におすすめです。

さらに、今まで測ってきたヘルスケアのデータをXMLデータとしても書き出すこともできるんですよ。

とても便利ですよね!

他にもいろんなアプリを表示できる!

さらに、AppleWatchでもちょっとしたアプリケーションを使用することができます。

例えば、バス・電車の時刻表を表示できる「NAVITIME」、

「NIKE RUN CLUB」によるウォーキングの管理、

「LINE」の通知などなど!

AppleWatchに対応しているアプリケーションを使うことができます。

いちいちiPhoneを取り出さなくても、いろんなことを確認できるところが私は気に入っています。

デメリット

ここからはデメリットについて書いていきたいと思います。

AppleWatchを傾けると画面が消える

AppleWatch series5からはなくなりましたが、私の使っているAppleWatch series4では、AppleWatchを傾けると画面が消えてしまうんです!

これが、とても不便でして…

例えば、AppleWatchを他人に見せようとして傾けると画面が消えてしまい、ボタンを押さないと画面がつかないのです。

私は使っていませんが、AppleWatchでPayPayを使う時に店員さんにバーコードを見せると画面が消えてしまうなどの現象も起きるわけです。

気にしない方はいいのですが、気になる人は気になりますよね。

まとめ

以上、今回は簡単にAppleWacth約一年間使ってみての感想でした。

個人的にはメリットの方が多かったため、デメリットが少なくなってしまいました。

AppleWatchはiPhoneユーザーにとってはとてもおすすめなので、ぜひ使ってみてください!

では、今回はここで筆を置かせていただきます。

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました