Googleカレンダーを簡単に操作できるChrome拡張機能!「Checker Plus for Google Calendar™」

Goolge
この記事は約4分で読めます。

みなさんこんにちは!

最近、節約を頑張っているイザナギです。

ちなみに、記事をご覧のみなさんはGoogleカレンダーを普段から利用していますか?

予定を簡単に入れられたり、Googleアカウントと紐づけていれば様々な機種で予定を確認できたり、他人と予定を確認し合うこともできたりなど様々な便利機能が備わっていますよね。

そんないろんな機能が備わっているGoogleカレンダーですが、もっと便利にする機能があるんです!

それは、Chrome拡張機能の「Checker Plus for Google Calendar™です。

Checker Plus for Google Calendar™とは

Checker Plus for Google Calendar™」とは、Googleカレンダーを簡単に操作できる拡張機能です。

日本語にも対応しております!

開発者は他にもグーグル関係のChrome拡張機能をリリースしています。

その使い方とは?

まずは、Chromeウェブストアから拡張機能「Checker Plus for Google Calendar™」を追加しましょう!

追加したら、自分のグーグルアカウントと紐づけます。

すると、

上の画像のような画面が出てきます。

予定を入れるときは、画面にある赤い「+」ボタンをクリックします。

クリックすると入力欄が出てきますので、予定のタイトルを入力していき、Enterキーを押すと今日の日付で予定が登録されます。

どうやら追加機能を追加しないと、登録時に予定の時間帯を入力できないみたいですね。

ですが、次の作業で予定の時間帯も変更できます。

登録した後で下の方に

というポップが出てくると思います。

「やり直し」ボタンを先ほど入力したものが消え、予定を入れなおすことができます。

「編集」を押すと予定の内容を編集することができます。

上のような画面が出てきますので、Googleカレンダーと同じように予定を変更することができます。

「終日のチェック」を外せば、時間も設定できます。

ここまでは普通のカレンダーでもできることですが、それに加え便利な機能がついています!

それは、「次の予定の時間を表示してくれる」ことです!

Chrome拡張機能を入れると右上の方にアイコンが追加されると思いますが、アイコンに

このように数字が書いてあると思います。

これが、次の予定の時間です。

この画像の場合は「次の予定が、午後の10時からありますよ」という表示です。

さらに時間が、近ずいてくると予定時間を表示ではなく「予定時間までのタイムリミット」を表示してくれます。

Chromeで作業しているとき、次の予定が見やすくていいですね!

しかし、追加機能を入れないとできないこともあります。

例えば、「クリックしたところに予定を追加する」ことです。

今の所、ダウンロードした状態のままで予定を入れる時間帯をクリックしても追加ができず、追加機能を求められます。

翻訳し解釈してみると、どうやら「カレンダーをクリックして予定を追加するには、製作者にお金を寄付して追加機能を入れてください」とのことでした。

寄付の金額は公式のページで見てみると「お気持ちの金額」と書いてあり、どのくらいの金額であるかは書かれていませんでした。

まとめ

いつも利用しているGoogleカレンダーをより便利にできるChrome拡張機能「Checker Plus for Google Calendar™」は無料で使える便利なアプリです。

無料機能だけでも予定の追加・通知・削除などの機能が使えますし、次の予定までどのくらいかも知ることができるので、入れてしまえばもう手放せなくなってしまう可能性がありますね!

追加機能を入れればクリックして予定の追加や着せ替えなどもできるらしいので、興味がある方は追加してみてもいのではないでしょうか?

そして、Googleカレンダーをお使いの皆さん!

Chrome拡張機能に追加してみてはいかがでしょうか?

それでは今回はここで筆を置かせていただきます。

最後までご覧いただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました