GitHubのブランチ名を「master」から「main」に変えてみた!

プログラミング
この記事は約3分で読めます。

みなさんこんにちは!

 

イザナギです!

 

昔開発していたWebアプリケーションをみていたのですが、

 

昔の俺「デザイン力」なさすぎ!www

  

なので、デザインし直してみることにしました。

 

その記事はまた今度にでも出したいと思います。

 

気が変わらなければですがwww

 

今回はその開発中に気づいたことを記事にしていきます!

 

いつの間にかブランチ名に「main」が推奨されていた!

 

ネットニュースはみているので、気づいてはいたのですが、

 

以前は「master」だったデフォルトブランチ名が「main」に変更されましたね。

 

Githubが人種差別的なコーディング用語を見直しへ「master」や「slave」 - ライブドアニュース
ライブドアニュースは、幅広いジャンルのニュースをいち早くお伝えします。わかりやすさ、読みやすさにこだわり、記事の核心をまとめた要約をつけています。

 

IT用語も「奴隷」廃止の動き 「slave」は「フォロワー」や「レプリカ」に
BLMで顕在化したmaster/slave問題だが、実は以前から問題の指摘はあった。

 

ニュースによるとIT業界で使用されていた「master」「slave」を翻訳すると「主人」「奴隷」となってしまい、「人種差別」にあたると記載されています。

 

そして、その言葉を使用するのは差別発言にあたる為、「master」「slave」など言葉を使わないようにしようということですね。

 

人種差別は個人的にもいけないものであると考えているので、この考えは素晴らしいと思う!

 

なので、この機会に私もブランチ名を変えてみたいと思う!

 

でも、初めはこう思っていたんですよ。

 

ブランチ名を変えるのめんどくさいんじゃない?

 

しかし!実際にやってみると簡単でした!

 

ブランチ名を変更する

 

ではここから、ブランチ名を変更する方法を記載していきたいと思います。

 

流れは以下の通りです。

 

# 1.ブランチ名を変更する
git branch -m master main
# 2.変更したブランチ名(main)でpushする
git push origin main
# 3.GitHubサイトでデフォルトブランチを変更したのちに以下のコマンドを実行
git push origin :master

 

デフォルトブランチの変更の仕方は以下のサイトを参照してみてください。

  

デフォルトブランチを変更する - GitHub Docs
リポジトリに複数のブランチがある場合、任意のブランチをデフォルトブランチとして設定できます。

 

思ったより複雑ではなく、簡単に実行できました!

 

まとめ

 

今回は、GitHubのブランチ名を「master」から「main」に変える手順について記事にしてみました。

 

思ったより簡単にできるので、みなさんも是非やってみましょう!

 

これで少しは人種差別が消えるといいですね!

 

それでは今回はここで筆を置かせていただきます!

 

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました