「CentOS7」Webアプリをアップロード後、httpでアクセス!

Java
この記事は約6分で読めます。

皆さんこんにちは!

 

イザナギです。

 

 

最近はコロナが流行っていて、気軽には外で遊べないですよね。

 

ものすごく不便!

 

カフェでゆっくり過ごしたい!

 

まあ、世間がこの状態ですから仕方がないですね。

 

皆さんも、気をつけてくださいね。

 

さて今回は、Webアプリケーションに関する話題です。

 

皆さんは「Spring Boot」と言われるWebフレームワークをご存知ですか?

 

Spring Boot 入門 - リファレンスドキュメント
Spring Boot の概要から各機能の詳細までが網羅された公式リファレンスドキュメントです。開発者が最初に読むべきドキュメントです。

 

「Spring Boot」を簡単にいうと

 

Javaを用いて、Webアプリケーションを作成できるフレームワークです。

 

Spring Frameworkが基盤であり、Spring Frameworkを簡単にしたものらしいです。

 

Spring Framework
Level up your Java code and explore what Spring can do for you.

 

そんな、「Spring Boot」を使ってWebアプリを作ってました。

 

今回はHerokuなどを用いずにサーバーに上げてみよう!

 

なので、今回は「Spring Boot」で開発したアプリケーションをサーバーに上げて、起動させる方法をまとめてみたいと思います!

 

Webアプリケーションを作成

 

Spring BootでWebアプリを作成するには、「STS(Spring Tool Suite)」をダウンロードするのがおすすめです。

 

こちらのページからダウンロードできます。

 

Spring Tools 4 is the next generation of Spring tooling
Largely rebuilt from scratch, Spring Tools 4 provides world-class support for developing Spring-based enterprise applications, whether you prefer Eclipse, Visua...

 

STS(Spring Tool Suite)とは?

 

STS(Spring Tool Suite)とはSpringの統合開発環境です。

 

もちろん「Spring Boot」の開発もできます。

 

以下のページから、「Pleiades プラグイン」をダウンロードすれば日本語化することができます。

 

統合開発環境 Eclipse 日本語化プロジェクト - Pleiades

 

今回はインストール方法は省かせていただきますね。

 

application.propertiesでポート番号を設定

 

「application.properties」のファイルに以下の記述をするとポート番号を設定できます。

 

今回はhttpアクセスできるように「80ポート」にしています。

 

#ポート番号設定
server.port=80

 

「80ポート」にしておくと、「http://IPアドレス」でアクセスできるようになり、

後ろに「:8080」などをつけなくて済むので便利です!

 

サーバーを準備

 

Webアプリケーションを設置するサーバーを用意します。

 

これはVPSでも自宅サーバーでもどちらでもいいと思います。

 

ご自身の好きなものを選んでみてください!

 

オススメVPS

 

もし、「どれにしようかな?」でお悩みの方がいたら「conoHa VPS」をお勧めします!

 

 

なんと!現在このバナーをみた方限定で、1ヶ月無料で使えるみたいです!

 

ちなみに「conoHa」はGMOのVPSサービスです。

  

VPSについては前回も記事で紹介させていただきました。

 

イザナギブログ
実際何がすごいの?「vps」とは!

 

conoHaの料金プランは時間制です。

 

つまり、起動していない時は追加料金はかからないのです!

 

さらにいうと、プランによって上限料金が設定されているので、

 

使いすぎるということがなくなってくると思います。

 

気になった方は是非リンクから飛んでみてください!

 

 

OSの種類

 

それではサーバーの話に戻りましょうか。

 

今回利用したサーバーOSは「CentOS」になります。

 

The CentOS Project

 

一応、conoHaを使っていらっしゃる方でしたら、サーバー作成時に「CentOS」を選択できるようになっています。

 

ツールをインストール

 

Webアプリ今回の開発では以下のツールを使用しました。

 

  • Mysql8
  • Java8
  • Maven

 

それぞれをCentOSにインストールしておいて準備しておきます。

 

作成したWebアプリをサーバーにあげる

 

次に、作成したWebアプリをサーバーに上げていきたいます。

 

今回は「scp」コマンドを用いてサーバーにアップロードしました。

 

scp -r ファイル保存元(ローカル) ホスト名@サーバーのIPアドレス:サーバー側の保存先

 

その後、サーバーにsshログインし、Webアプリのプロジェクト内で

 

mvn spring-boot:run

 

を実行するとアプリケーションが起動すると思います。

 

しかし、この状態ではWebアプリケーションはWeb上には公開されていません。

 

ちゃんとサーバー側でhttpアクセスできるように設定しておきましょう!

 

HTTPを許可

 

サーバー側でHTTP(80ポート)にアクセスできるように許可しましょう!

 

アクセスを許可するのは、サーバー側で以下のコマンドを打つ必要があります。

 

firewall-cmd --permanent --zone public --add-service http

 

上のコマンドでhttpを許可をしています。

 

その後に設定を反映するために、ファイアウォールをリロードします。

 

firewall-cmd --reload

 

これで設定完了です。

 

以下のコマンドを打って、「service」に「http」が表示されていれば問題ありません。

 

firewall-cmd --info-zone public

  

これで、サーバーにブラウザからアクセスできるようになります。

 

まとめ 

 

いかがでしたでしょうか?

 

今回はSpring Bootで作成したWebアプリケーションをサーバーで起動し、httpで公開する方法についてまとめてみました。

 

もし参考になれば幸いです!

 

それでは今回はここで筆を置かせていただきます!

 

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました